AIDMAの法則とは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

AIDMAの法則とは?


AIDMAの法則とは消費者の心理的購買決定プロセスモデルです。1920年代にアメリカのS・ローランド・ホールが提唱した仮説で、アイドマの法則またはアイダマの法則とも呼んでいます。AIDMAの法則は現在でもセールスや広告、商業の基本的理論と言われています。
AIDMAの法則は、
ウエブマーケティングでも多くの人が活用しています。AIDMAとはAttention→Interest→Desire→Memory→Actionの頭文字ですが、消費者がある商品やサービスを知り、それらを購入するまでの一連の心理過程を示しています。
(1) Attention(注意)--広告や口コミなどを使って消費者の注目を惹きます。
(2) Interest(関心)--キャッチコピーや試供品、キャンペーンなどで一層消費者の興味を駆り立てます。
(3) Desire(欲求)--商品の特徴や使用例、活用例などを示して、購買モチベーションをさらに高めます。
(4) Memory(記憶)--有効な訴求効果を高めるサイトレイアウトなどで、強烈な印象を消費者に与えます。
(5) Action(行動)-- ウエブの場合、アフィリエイトなどで消費者を製品のサイトへ誘導し、購入へと導きます。

 
関連用語
AISASの法則とは?
AtoAとは?
3C分析とは?
Eメールマーケティングとは?
google(グーグル)とは?
MLMとは?
WEBマーケティングとは?
逆オークションとは?
内職商法とは?
コーポレートブランディングとは?
リードメールとは?
ビジネスプロセスアウトソーシングとは?
アムウェイとは?
情報起業とは?
ビジネスモデルとは?
不労所得とは?
ダイレクトレスポンスマーケティングとは?
ほったらかし権利収入とは?
カーボンマーケティングとは?
マルチレベルマーケティングとは?
テレマーケティングとは?
マーケティングプランナーとは?
マーケティングリサーチとは?
マーケティング部門とは?
バイラルマーケティングとは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】