AISASの法則とは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

AISASの法則とは?


AISAS(アイサス)の法則とはインターネット時代の新たな消費者行動プロセスの仮定のひとつです。AISASは Attention→ Interest→ Search→ Action→ Share の頭文字です。
AISASの法則はマーケティングの世界では長らく使われてきたAIDMA(アイドマ)の法則に代わって各方面で、特にウエブマーケティングでは現在大きな注目をあつめています。
AIDMAの法則と異なるのは、まず、D(欲求)、M(記憶)がなくて、S(検索)に代わっている点です。
 A(Atention:注目する)
 I(Interest:興味を持つ)
 S(Search:調べる)
 A(Action:行動、購買する)
 S(Share:情報を共有とする)
現在の消費者は商品の購入動機のプロセスを飛ばして他人の評価や意見を直接インターネットなどで調べる傾向が強く、今日の購買プロセスをうまく表していると言われています。
AISASの法則は電通によって提唱され、商標登録されています。

 
関連用語
AtoAとは?
3C分析とは?
Eメールマーケティングとは?
google(グーグル)とは?
MLMとは?
WEBマーケティングとは?
逆オークションとは?
内職商法とは?
コーポレートブランディングとは?
リードメールとは?
ビジネスプロセスアウトソーシングとは?
アムウェイとは?
情報起業とは?
ビジネスモデルとは?
不労所得とは?
ダイレクトレスポンスマーケティングとは?
ほったらかし権利収入とは?
カーボンマーケティングとは?
マルチレベルマーケティングとは?
テレマーケティングとは?
マーケティングプランナーとは?
マーケティングリサーチとは?
マーケティング部門とは?
バイラルマーケティングとは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】