ASPとは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

ASPとは?


ASPとは特定及び不特定ユーザが必要とするシステム機能をネットワークを通じて供給するサービスです。英語のApplication Service Providerの略語。ASPは1998年~1999年頃に登場しました。中小企業を中心に当初はその合理性と経済性から飛躍的に普及すると大きく期待されていましたがそれほどではありませんでした。しかし、現在ASPはSaaSと名前を変えて、再び脚光を浴び始めています。
なおActive Server Pagesの略語もASPになります。これはMicrosoft社から提供されているウエブページを「動的」に生成することができる機能です。
さらにAffiliate Service Providerの略語がASPです。インターネット上で商品やサービスの販売などを行っているECサイトやそのサイトの広告を掲載するアフィリエイトサイトとの間を仲介する広告代理サービスのことです。ASPのサービスを利用するとECサイトとの提携から報酬の受け取りまでをアフィリエイトサービスプロバイダを通じて簡単に行うことができます。

 
関連用語
A8ネットとは?
bingとは?
価格.comとは?
Eコマースとは?
ECサイトとは?
ECとは?
ECマーケットとは?
GMOとは?
msnとは?
WEBとは?
インターネットマーケティングとは?
バーティカル検索とは?
アフィリとは?
まぐぞうとは?
ツイッターとは?
インフォトップとは?
リンクフリーとは?
ネットマーケティングとは?
アフィリエイターとは?
トラックバックスパムとは?
リンクスパムとは?
ヤフーオークションとは?
ネットショップとは?
オンラインショップとは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】