BEPとは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

BEPとは?


BEPとは英語のBreak-even pointの略語です。日本語では損益分岐点や損益分岐点売上高と言われています。損益分岐点売上高とは売上高と経費が等しくなり、利益がちょうどゼロとなる売上高のことです。基本的には、損益分岐点より低い売上の場合は損失が発生し、損益分岐点以上の売上の場合は利益が発生します。
どの会社もBEPを分析して自社の利益状況を判断しています。採算性の分析や今後の売上単価変動、経費の再検討などを行うときに有効な分析ツールです。
BEPは一定式で計算することができます。経費を毎月決まって必要な固定経費(fixed-cost)と変動費(variable-cost)に分けて計算されています。
損益分岐点=(固定費/限界利益率)=(固定費/(1-変動費/売上高))
限界利益とは売上から変動費を控除したものですが、限界利益率=(限界利益/売上高)でも求めることだできます。

 
関連用語
Google Analyticsとは?
商品回転率とは?
アクセス解析とは?
クリック率とは?
ユニークユーザー数とは?
ページビューとは?
回遊率とは?
投資収益率とは?
統計用語カテゴリ
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】