BtoCとは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

BtoCとは?


BtoCとは電子商取引(EC)の形態の一つです。B2CはBusiness to Consumerの略語。またはBtoCと書きます。企業(business)と一般消費者(consumer)間の取引のことです。BtoCはオンラインショップ(電子商店)での取引が最も一般的な形で、インターネットのサイトに店舗を構えて消費者に商品やサービスを販売します。
最近では、BtoCでもインターネット上だけの顧客展開だけでなく、インターネットと既存の店舗の双方からマーケティングを構築する「クリック&モルタル(click-and-mortar)」の方法が重視されています。インターネット(=クリック)と店舗(=モルタル)のそれぞれの顧客チャンネルを組みあわせて相乗効果を生み出して売り上げを増やすやり方です。
これはたとえば、インターネットで商品説明を見た顧客が携帯電話で注文をだし、受注したらプラットホームである実際の店舗で発送するという方法だったり、テレビのショッピング番組を見た消費者がインターネットで商品の詳細を確認して、店舗宛にメールで注文したりする方法です。注文者側もマルチのチャンネルを使ってより詳しい商品情報を得て安心して注文がだせるためと思われます。

 
関連用語
AISASの法則とは?
AtoAとは?
3C分析とは?
Eメールマーケティングとは?
google(グーグル)とは?
MLMとは?
WEBマーケティングとは?
逆オークションとは?
内職商法とは?
コーポレートブランディングとは?
リードメールとは?
ビジネスプロセスアウトソーシングとは?
アムウェイとは?
情報起業とは?
ビジネスモデルとは?
不労所得とは?
ダイレクトレスポンスマーケティングとは?
ほったらかし権利収入とは?
カーボンマーケティングとは?
マルチレベルマーケティングとは?
テレマーケティングとは?
マーケティングプランナーとは?
マーケティングリサーチとは?
マーケティング部門とは?
バイラルマーケティングとは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】