CPAとは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

CPAとは?


CPAとはアフィリエイト広告における広告単価の指標の一つです。成果一件獲得するのにかかる報酬額です。CPAは顧客獲得単価とも言います。
アフィリエイト広告は成果報酬型広告の一種ですが、サイト訪問者が広告をクリックして広告主のサイトを訪れ、そこでユーザ登録を行なったり商品を実際に購入するなど、利益につながる成果をあげた時に報酬が支払われます。
インターネット広告ではクリック保証型広告のクリック単価(CPC)が数円~数十円程度のものが多いのに対して、成功報酬額(CPA)は数百円から数千円、高いものでは数万円にのぼるものもあります。逆に、サイト訪問者数に対する成果が発生する件数の割合は、クリック保証型よりも1桁から2桁下回ることになります。広告をクリックするだけでなく、広告主のサイト上で実際に何らかのコンバージョンの行動を起こさなければならないため低くなっています。
たとえば、月間100万円のコストをかけてバナー広告を掲載し、そのバナー広告から50件の商品購入者を獲得した場合、このバナー広告は、100万円÷50件=20,000円となり、そのCPAは2万円となります。

 
関連用語
CMSマーケティングとは?
Jワードとは?
LPO対策とは?
コンバージョン率とは?
名刺広告とは?
転換率とは?
有料クリック広告とは?
アンビエント広告とは?
おとり広告とは?
サブリミナル広告とは?
オーバーチュアとは?
アドワーズ広告とは?
検索連動型広告とは?
コンテンツ連動型広告とは?
行動ターゲティング広告とは?
クロスメディア型広告とは?
アフィリエイト広告とは?
広告主とは?
クリック課金とは?
キーワードマーケティングとは?
スポンサードサーチとは?
インタレストマッチとは?
ランディングページとは?
ランディングページ最適化とは?
バナー広告とは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】