ドロップシッピングとは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

ドロップシッピングとは?


ドロップシッピング (Drop Shipping) とはウエブサイトの訪問者が商品やサービス等を購入した場合に、その商品の発送や請求を販売したウエブサイトの管理者や広告主ではなくて製造元や卸元が直接行う取引方法のことです。
ドロップシッピングは自分でネットショップを開業するわけですが、その開業サービスを行っているのは国内最大級のネットショップ「もしもドロップシッピング」です。また日本最大級のドロップシッピングのポータルサイトは「ドロップシッピングTV」です。ほかには「ドロップシッピングジャパン」などがドロップシッピングの提供サイトとして知られています。もしもドロップシッピングは誰でも簡単に、リスクも無くネットショップを運営できる仕組みです。
「もしもドロップシッピング」の場合をみると、500社以上の商品提供者から画像と説明文商品情報が提供されており、ショップオーナーはこの情報を利用して、自分で自由に商品の価格を設定し、ネットショップを運営することができます。
「もしもドロップシッピング」は2006年頃からテレビや雑誌で紹介され、新しいネットショップ副業として急激な伸びを見せています。

 
関連用語
AISASの法則とは?
AtoAとは?
3C分析とは?
Eメールマーケティングとは?
google(グーグル)とは?
MLMとは?
WEBマーケティングとは?
逆オークションとは?
内職商法とは?
コーポレートブランディングとは?
リードメールとは?
ビジネスプロセスアウトソーシングとは?
アムウェイとは?
情報起業とは?
ビジネスモデルとは?
不労所得とは?
ダイレクトレスポンスマーケティングとは?
ほったらかし権利収入とは?
カーボンマーケティングとは?
マルチレベルマーケティングとは?
テレマーケティングとは?
マーケティングプランナーとは?
マーケティングリサーチとは?
マーケティング部門とは?
バイラルマーケティングとは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】