クリック報酬型広告とは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

クリック報酬型広告とは?


クリック報酬型広告とはインターネット上における広告形態のひとつです。
訪問者がバナー広告などをクリックすることによって、広告が貼り付けられているサイトから、出稿者のサイトへ誘導されます。そして訪問者がバナーをクリックした回数に応じて報酬が支払われます。
クリック報酬型広告の1クリックの単価は各プログラムごとに異なります。掲載するページと関連性の高い広告がいつも表示されるので比較的クリックされやすく、ランダム表示の広告よりもコンバージョン率は高くなります。
クリック報酬型広告の種類はいくつかあります。具体的には、特定フリーメールプロバイダの文章後にテキストバナーとしてはるリンク広告、成功報酬型広告にクリック報酬の契約をした広告掲載サイトへのバナー広告、検索エンジン使用後の空きスペースへのテキストバナーとしてのリンク広告、契約サイトへのテキストバナーとしてのリンク広告などがあります。

 
関連用語
CMSマーケティングとは?
Jワードとは?
LPO対策とは?
コンバージョン率とは?
名刺広告とは?
転換率とは?
有料クリック広告とは?
アンビエント広告とは?
おとり広告とは?
サブリミナル広告とは?
オーバーチュアとは?
アドワーズ広告とは?
検索連動型広告とは?
コンテンツ連動型広告とは?
行動ターゲティング広告とは?
クロスメディア型広告とは?
アフィリエイト広告とは?
広告主とは?
クリック課金とは?
キーワードマーケティングとは?
スポンサードサーチとは?
インタレストマッチとは?
ランディングページとは?
ランディングページ最適化とは?
バナー広告とは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】