直帰率とは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

直帰率とは?


直帰率とはユーザが直帰する割合です。直帰とはウエブサイトを訪問したユーザが、到着したサイトの最初のページだけを閲覧して、他ページを見ることなしにブラウザを閉じたり、他のサイトに移ったりして退出することです。
せっかくの訪問者が自社のウエブサイトのコンテンツ情報を見ることなく直帰を許してしまうということは、自社サイトで紹介または販売したい商品やサービスを全然伝えてきれていないということです。訪問者の直帰率を減らしていくのがサイトの成功のポイントの一つとなります。
直帰率が高い主な原因には、ランディングページの内容やデザインが、検索キーワードやウエブ広告からやってきた訪問者に適していない、またはサイトに興味がない、閲覧しづらいなどの問題点が挙げられます。この場合には、サイトのページをもう一度修正、再構築する必要があります。同時にコンテンツに連動している広告内容なども見直さなければいけないようになります。
直帰率に対して離脱率とは、他ページに移って閲覧をしたが購入や資料請求などの最終成果に至らずにサイトを離れてしまった人の割合を指します。
ウエブサイトやページごとの直帰率を算出するには、アクセス解析を行う必要があります。

 
関連用語
CMSマーケティングとは?
Jワードとは?
LPO対策とは?
コンバージョン率とは?
名刺広告とは?
転換率とは?
有料クリック広告とは?
アンビエント広告とは?
おとり広告とは?
サブリミナル広告とは?
オーバーチュアとは?
アドワーズ広告とは?
検索連動型広告とは?
コンテンツ連動型広告とは?
行動ターゲティング広告とは?
クロスメディア型広告とは?
アフィリエイト広告とは?
広告主とは?
クリック課金とは?
キーワードマーケティングとは?
スポンサードサーチとは?
インタレストマッチとは?
ランディングページとは?
ランディングページ最適化とは?
バナー広告とは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】