広告代理店とは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

広告代理店とは?


広告代理店とは広告媒体である新聞やTV・ラジオ・雑誌・ネットなどのメディアと、スポンサーである掲載主の企業の間の仲介をしている会社のことです。広告会社とも言います。
広告代理店は一般的に、広告媒体や広告掲載主から広告の制作を請け負ったり、予めき確保した空広告のスペースを安く購入してスポンサーに販売して企業利益を得ています。日本の代表的な大手の広告代理店としては、電通、博報堂、東急エージェンシーなどがあります。
近年登場したウエブ広告代理店の場合は、ウエブ上の広告を扱います。ウエブ広告代理店の業務としては、ウエブサイト広告のほかにSEO対策やSEM対策、LOP、さらにウエブリテラシー、アフィリエイト広告、メール広告といった代表的なソリューションから、マーケットリサーチ業務、メール配信スタンド、効果測定ツールの提供といった、ウエブにおけるあらゆるソリューションを扱っています。

 
関連用語
CMSマーケティングとは?
Jワードとは?
LPO対策とは?
コンバージョン率とは?
名刺広告とは?
転換率とは?
有料クリック広告とは?
アンビエント広告とは?
おとり広告とは?
サブリミナル広告とは?
オーバーチュアとは?
アドワーズ広告とは?
検索連動型広告とは?
コンテンツ連動型広告とは?
行動ターゲティング広告とは?
クロスメディア型広告とは?
アフィリエイト広告とは?
広告主とは?
クリック課金とは?
キーワードマーケティングとは?
スポンサードサーチとは?
インタレストマッチとは?
ランディングページとは?
ランディングページ最適化とは?
バナー広告とは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】