投資対効果とは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

投資対効果とは?


投資対効果とは投下した資本に対して得られた利益の割合です。利益を投資額で割って算出します。投資対効果は、その投資額に相応する利益を生んでいるかどうかを判断するための指標です。これによって企業の事業や資産、設備の収益性を判断できます。
IT投資の場合は,生産設備が必要な業態とは異なり、かならずしも情報システムと財務指標との関係が明確というわけではありません。このため現在では幾つかの投資効果測定法が混在し試行錯誤が行われています。IT投資の投資対効果を測定するには、ROIやNPV(Net Present Value 正味現在価値法)、ペイバックといった財務的評価手法とほかの非財務指標とを事情に応じて組み合わせたものが使われています。

 
関連用語
AISASの法則とは?
AtoAとは?
3C分析とは?
Eメールマーケティングとは?
google(グーグル)とは?
MLMとは?
WEBマーケティングとは?
逆オークションとは?
内職商法とは?
コーポレートブランディングとは?
リードメールとは?
ビジネスプロセスアウトソーシングとは?
アムウェイとは?
情報起業とは?
ビジネスモデルとは?
不労所得とは?
ダイレクトレスポンスマーケティングとは?
ほったらかし権利収入とは?
カーボンマーケティングとは?
マルチレベルマーケティングとは?
テレマーケティングとは?
マーケティングプランナーとは?
マーケティングリサーチとは?
マーケティング部門とは?
バイラルマーケティングとは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】