マルチレベルマーケティングとは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

マルチレベルマーケティングとは?


マルチレベルマーケティング(MLM)とはマルチ(多面的)なレベル(階層)のマーケティング(商法)、つまり、多面的な段階で物品を流通させる仕組みという意味になります。アメリカで1930年代に誕生した無店舗訪問販売商法のひとつで、商品の消費者が同時に販売員も兼ねるディストリビュータ方式を採用することで独自の販売システムを確立しました。
ネットワークビジネスという表現は、「インターネットを利用したビジネス」と解釈される場合もあります。
なおマルチ商法とは、マルチレベルマーケティングの仕組みを悪用したもので1970年代の一時悪徳商法が横行した頃につくられた造語です。当初は、マルチレベル・マーケティングを模した悪徳商法という意味で「マルチまがい商法」と呼ばれていました。しかしいつしか省略されてこの呼称になっています
マルチレベルマーケティングそのものは違法でありません。マルチ商法との区別を理解できない人が多いため、未だに混同されることがあります。

 
関連用語
AISASの法則とは?
AtoAとは?
3C分析とは?
Eメールマーケティングとは?
google(グーグル)とは?
MLMとは?
WEBマーケティングとは?
逆オークションとは?
内職商法とは?
コーポレートブランディングとは?
リードメールとは?
ビジネスプロセスアウトソーシングとは?
アムウェイとは?
情報起業とは?
ビジネスモデルとは?
不労所得とは?
ダイレクトレスポンスマーケティングとは?
ほったらかし権利収入とは?
カーボンマーケティングとは?
テレマーケティングとは?
マーケティングプランナーとは?
マーケティングリサーチとは?
マーケティング部門とは?
バイラルマーケティングとは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】