検索連動型広告とは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

検索連動型広告とは?


検索連動型広告とは検索されたキーワードや語句に関連したテキスト広告を検索エンジンの検索結果に合わせて表示する広告です。オーバーチュアのスポンサードサーチ広告やGoogleのアドワーズ広告がこれにあたります。
検索連動型広告はクリックごとに課金されるので有料リスティング広告ともP4P(Pay for Performance)広告とも呼ばれることがあります。
一般的に検索連動型広告は入札制になっています。入札とは、広告主が広告を表示させたいキーワードを指定しその広告がサイト訪問者によってクリックされたときに支払うクリック単価のことです。複数の広告主が同じキーワードに入札していると,広告は入札価格の高い順に並びます。
検索連動型広告は高額でない予算で出稿できるうえ費用対効果が明確にだされて管理しやすいために、インターネット広告市場の低迷期においても急速に成長しました。
電通の発表した「日本の広告費」では2006年インターネット広告費に占める検索連動型広告の割合は25%です。将来はアメリカと同じように4割程度にまで拡大するかもしれないと言う専門家もいます。

 
関連用語
CMSマーケティングとは?
Jワードとは?
LPO対策とは?
コンバージョン率とは?
名刺広告とは?
転換率とは?
有料クリック広告とは?
アンビエント広告とは?
おとり広告とは?
サブリミナル広告とは?
オーバーチュアとは?
アドワーズ広告とは?
コンテンツ連動型広告とは?
行動ターゲティング広告とは?
クロスメディア型広告とは?
アフィリエイト広告とは?
広告主とは?
クリック課金とは?
キーワードマーケティングとは?
スポンサードサーチとは?
インタレストマッチとは?
ランディングページとは?
ランディングページ最適化とは?
バナー広告とは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】