コンテンツ連動型広告とは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

コンテンツ連動型広告とは?


コンテンツ連動型広告とはウエブコンテンツの文章やキーワードを解析し、内容と関連性の濃い広告を配信するシステムです。日本ではgoogle AdSenseの登場以降に爆発的に普及しています。
コンテンツ連動型広告はブログやホームページの訪問者を顧客の対象にしています。一方で、検索連動型広告は、検索キーワード入力によって表示された検索結果画面に掲載されます。
コンテンツ連動型広告はサイト管理者にとっては、JavaScriptの広告タグを設置するだけで、コンテンツにふさわしい広告が自動的に表示されるため、アフィリエイト広告と比べてメンテナンスの労力がかからないという利点があります。
コンテンツ連動型広告と検索連動型広告とは互換性も特長的で、google AdSenseの場合、検索連動型広告のgoogle AdWordsと一緒に広告を集めることができます。さらに、たとえばユーザの訪問先であるgoogleでは検索連動型広告を表示し、検索終了後に遷移したウエブサイトではコンテンツ連動型広告を出すということもできます。

 
関連用語
CMSマーケティングとは?
Jワードとは?
LPO対策とは?
コンバージョン率とは?
名刺広告とは?
転換率とは?
有料クリック広告とは?
アンビエント広告とは?
おとり広告とは?
サブリミナル広告とは?
オーバーチュアとは?
アドワーズ広告とは?
検索連動型広告とは?
行動ターゲティング広告とは?
クロスメディア型広告とは?
アフィリエイト広告とは?
広告主とは?
クリック課金とは?
キーワードマーケティングとは?
スポンサードサーチとは?
インタレストマッチとは?
ランディングページとは?
ランディングページ最適化とは?
バナー広告とは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】