行動ターゲティング広告とは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

行動ターゲティング広告とは?


行動ターゲティング広告とは1990年代末にアメリカで誕生したインターネット広告のひとつです。英語名の頭文字をとってBT広告とも言います。
行動ターゲティング広告はインターネットユーザのサイト閲覧履歴などのアーカイブを記録・分析して、それをもとに表示する広告を選択する手法です。ですから行動ターゲティング広告はコンテンツターゲティング広告などよりもユーザの興味に即した広告が選ばれる可能性が高くなります。
行動ターゲティング広告は通常のバナー広告に比べクリック率が数倍以上になったという実験結果もあります。
行動ターゲティング広告はアメリカのインターネット広告市場の10%弱を占めるともいわれています。日本の広告市場へはアメリカのレベニュー・サイエンス社がインターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)と提携して参入表明しています。

 
関連用語
CMSマーケティングとは?
Jワードとは?
LPO対策とは?
コンバージョン率とは?
名刺広告とは?
転換率とは?
有料クリック広告とは?
アンビエント広告とは?
おとり広告とは?
サブリミナル広告とは?
オーバーチュアとは?
アドワーズ広告とは?
検索連動型広告とは?
コンテンツ連動型広告とは?
クロスメディア型広告とは?
アフィリエイト広告とは?
広告主とは?
クリック課金とは?
キーワードマーケティングとは?
スポンサードサーチとは?
インタレストマッチとは?
ランディングページとは?
ランディングページ最適化とは?
バナー広告とは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】