クリック率とは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

クリック率とは?


クリック率とは、特定のサイトにある広告などのリンクがクリックされる割合です。英語ではCTR(Click Through Rate)とも呼ばれます。クリック率によってどれくらいの人が広告に反応しているかを測ることができます。
クリック率=インプレッション(表示回数)÷クリック回数
もしバナー広告が50回表示されてその間に5回クリックされればクリック率は10%になります。
クリック率を上げるにはいくつか方法があります。
例えば、同じメール広告に数種類の異なる広告原稿を同じ条件で配信します。それぞれの広告原稿によって、クリック率が大きく異なるケースがでてきます。数種類の広告原稿の中で、クリック率の高い原稿と低い原稿を比較、分析して、それぞれの特徴を理解すれば、クリック率を上げるための方法が判ってきます。
クリック率は、無料のアクセス解析ツールを使えば個人でも解析できます。
インターネット広告の場合は、このようにクリック率の計測が可能なので広告の費用対効果がはっきりとだせます。一般的に、クリック課金型広告やクリックインセンティブ型広告を除いてクリック率が高い広告は、費用対効果の高い広告と言えます。

 
関連用語
Google Analyticsとは?
商品回転率とは?
アクセス解析とは?
ユニークユーザー数とは?
ページビューとは?
回遊率とは?
BEPとは?
投資収益率とは?
統計用語カテゴリ
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】