マルチ商法とは?

サイトマップ
WEBマーケティング用語.biz
 

マルチ商法とは?


マルチ商法とは特定商取引に関する法律(特定商取法)の第33条において連鎖販売取引あるいはそれに類似した販売形態のことと言われています。ですからマルチ商法という用語は法律用語ではありません。警察や消費者センターなどもこの連鎖販売取引という用法を採用しています。
マルチ商法は、無限連鎖講の防止に関する法律によって禁止されているねずみ講と組織の拡大方法と類似点がとても多くなっています。しかし、ねずみ講が金品配当組織であるのに対して、マルチ商法は商品の販売組織である点で区別されています。
裁判所判例では、商品の販売が主と主張する組織であってもその商材の実際の価値が販売価格に比べ著しく低い場合には商品販売は主ではなくて金品配当が主と見なされ、ねずみ講とされます。
マルチ商法はほかにネットワークビジネス、マルチレベルマーケティング(MLM)、口コミマーケティング、ネットワークマーケティングなど様々な名称で呼ばれています。マルチ商法 (連鎖販売取引)に該当する英語はマルチレベルマーケティング(Multi-level marketing)とピラミッド セリング(pyramid selling)になります。

 
関連用語
AISASの法則とは?
AtoAとは?
3C分析とは?
Eメールマーケティングとは?
google(グーグル)とは?
MLMとは?
WEBマーケティングとは?
逆オークションとは?
内職商法とは?
コーポレートブランディングとは?
リードメールとは?
ビジネスプロセスアウトソーシングとは?
アムウェイとは?
情報起業とは?
ビジネスモデルとは?
不労所得とは?
ダイレクトレスポンスマーケティングとは?
ほったらかし権利収入とは?
カーボンマーケティングとは?
マルチレベルマーケティングとは?
テレマーケティングとは?
マーケティングプランナーとは?
マーケティングリサーチとは?
マーケティング部門とは?
バイラルマーケティングとは?
 

毎月1回札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】